サードウェーブコーヒー

コーヒーにも様々な流行がありますが、最近注目され人気を集めているのが「サードウェーブコーヒー」です。サードウェーブとはその言葉の通り、第3の波を意味し、ファーストウェーブ、セカンドウェーブに続くものとしてサードウェーブと呼ばれているそうです。
ファーストウェーブコーヒーは第2次世界大戦後から1970年代ごろまで、真空パックの開発など技術の向上によりコーヒー豆の大量生産や遠距離輸送が可能になったことから、アメリカの一般家庭にも安価なコーヒーを飲む習慣が定着しました。品質はあまり重視されていなかったようです。豆は浅煎りで酸味があり、色も薄めなコーヒーでした。日本では「アメリカンコーヒー」というと味の薄いコーヒーと思われているのは、このファーストウェーブのコーヒーの影響が大きく、酷い店ではお湯で割ったものをアメリカンとして出すケースもあるそうですが、本来は浅煎りであるため色も薄かったということだそうです。
セカンドウェーブコーヒーはファーストウェーブコーヒーとは対照的に深煎りの豆が使われ、エスプレッソコーヒーにミルクを合わせたカフェラテ、様々なフレーバーのコーヒーなどプレミアム感を高めたシアトル系コーヒーが大ブームになりました。セカンドウェーブコーヒーの代表格と言えば世界中に店舗を構えるスターバックス、タリーズなどで、コーヒーをテイクアウトするというコーヒー文化がブームになりました。
そして、サードウェーブコーヒーは、それまで国や地域単位でまとめて表示されることの多かったコーヒー豆を、単一種のものだけに限定して使用するシングルオリジンなど豆の個性を楽しむコーヒーと言われ、焙煎も豆の個性をいかせる浅煎りが主流となっています。
コーヒー豆の仕入れ方法にもこだわりがあり、中間業者を挟まず生産者のダイレクトトレードが望ましいとされています。生産者にコストに見合った対価を支払うことで、品質や生産性の向上を図り、WinWinの関係を築くことが目的だそうです。
サードウェーブコーヒーでは一杯ずつハンドドリップで淹れられるのも大きな特徴です。浅煎りのため、深煎りコーヒーでは考えられなかった「フルーティな味」など、フレッシュな味わいも、これまでコーヒーが苦手だったという新たなファンを生んでいるようです。